人気ブログランキング |

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

あるご家族から相談を受けました。とてもなつっこい成猫♀が昨年の夏頃から庭に現れるようになったそうです。
一時期妊娠していたようで、たぶんどこかで出産したはず…
親猫ちゃんは庭にいたり、いなかったりで、たぶん子猫のお世話をしにいっていたはずなのですが、そのうちに、ずーっと庭にいつくようになったそうです。
子猫たちは、心ない人に見つかり、捨てられたか、保健所へ持ち込まれたのかもしれません。

望まれない子猫が生まれても可哀想だし、不妊手術を受けさせることにしたそうです。

本来なら家で飼ってあげたいのですが、家族の中に猫嫌いがいて、どうしても許してもらえないのだとか…

以下、保護した方からのメールです…


☆☆☆☆☆☆☆☆


去年の9月くらいから家に迷ってきた猫のにゃーこです。最初からにゃーちゃんと呼んでいたので名前もにゃーこになりました。
性格はどちらかと言えば、おとなしめで甘えん坊です。慣れると人の後をついて回ります。

野良ちゃんとも思えないくらい可愛いかったので最初はびっくりしました。多分前飼い猫だったのかなとも思います。
いつもは日中はおばあちゃんがいればドアを少しあけて椅子の上にねてるみたいです。
夕方ご飯の後は外にだしています。庭に父にわからないように段ボールおいてそこで寝てると思います。
赤ちゃんはもういない様な気がします…
避妊手術も凄く悩んで決めたんですが、色々ネットとかでみると出産を繰り返したり子宮の病気にかかりやすくなったりする…と言ってたので、少しでも長く生きてほしいし、出来る事はしてあげたいと思って避妊手術も決めました。

にゃーちゃんがご飯だけ食べにきて、たぶん子猫のところにいく姿はみてました。どこで産んだのか全くわからず、いつ頃か子猫のところへはいかなくなって、乳もでてないかんじがしたんで、私たちは子猫がどうかなってしまったのかなって思いました。

やっぱり避妊手術はして良かったと思います。
にゃーこの為にも、動物でも人と同じだから長く生きてほしいし、望まれない子猫など可哀相です。
どうかにゃーちゃんの事可愛がってくれる方お願いしますm(__)m


☆☆☆☆☆☆☆☆


にゃーちゃんを家族に迎え入れてくださる、やさしくご理解ある方からの連絡をお待ちしています。
成猫♀不妊手術済み、里親さん募集中!!_c0167175_223878.jpg
成猫♀不妊手術済み、里親さん募集中!!_c0167175_22384681.jpg

タグ:
by cjl82810 | 2009-06-29 22:38 | 急!里親募集

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

もうこれ以上飼えないと、飼い主自ら保健所へ持ち込みました。

トイプードル黒♂8才。
かなり毛がのびてしまっていますが、シャンプーカットすれば、見違えるほど可愛くなるはずです。
性格は◎
人間大好きな元気者です。

とってもよい子なので、少しだけ時間をもらいました。
どなたか、この子を家族に迎え入れてくださいませんか?
最期の時まで、責任持ってお世話してくださる方からの連絡をお待ちしています。

トイプードル黒♂8 才、里親様急募!!_c0167175_22384011.jpg
トイプードル黒♂8 才、里親様急募!!_c0167175_2239231.jpg

タグ:
by cjl82810 | 2009-06-24 22:39 | 急!里親募集

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

もうこれ以上飼えないと、飼い主自ら保健所へ持ち込みました。

理由は、お孫さんを噛んだから。

保健所初日はさすがに警戒していましたが、二日目には手をなめたり、尻尾をふったりしてくれたので、リードをつけて散歩に連れ出しました。

ビビりなところがあるので、こちらが急に何かしようとすると、ビックリしてガブッとやってしまうのかも…

処分を延ばしてもらい、現在様子をみていますが、今のところ問題はなさそうです。

条件として、小さなお子さんがいないご家庭、そして犬の扱いになれていらっしゃる方を希望します。

ただ、残された時間が短いです…
とりあえず、一週間だけ猶予をいただきました。

ご理解ある方からの連絡をお待ちしています。

茶白雑種♀1 才半、里親さん急募!!_c0167175_22354735.jpg
茶白雑種♀1 才半、里親さん急募!!_c0167175_2236077.jpg
茶白雑種♀1 才半、里親さん急募!!_c0167175_22362027.jpg

タグ:
by cjl82810 | 2009-06-24 22:36 | 急!里親募集

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

職員さんを噛んだため、譲渡が許されず、処分寸前のところをなんとか引き出すことができたシロくん…

その後、なれない環境で、お世話をしてくれる人を噛んでしまったりとか、ちょっと大変な状況だったのですが…

やはり、シロくんを思う方々の愛情のなせる技です!うれしいメールが届きました…



☆☆☆☆☆☆☆☆☆



しろちゃん改め、直太郎となりました。
ボラ仲間のドックインストラクターのところに今はいます。
彼女があまりに素直な良い子なので直太郎と改名しました。
もう彼女がどこを触っても怒らないし、敬礼なんて言うと片手を上げたり待てや伏せもマスターしました。
彼女いわく、こちらに1日勉強に来ないかなんて言ってます、私もしつけは全然ダメでいつも勉強したらと言われています。
また報告しますね。



…メールの筆者さんはこう言ってくださいます…


人を信じて、この子を信じて…
お互いに信じ合える関係を持ちたい…
そして、いつの日か、この子がやさしい里親様に巡り会えますように…




素晴らしい方に救ってもらえたね!
直太郎くん、ぜったいにキミは、しあわせになれるよ!
しあわせにならないと!

しろちゃん改め…しあわせへのステップ♪_c0167175_23287100.jpg
しろちゃん改め…しあわせへのステップ♪_c0167175_23283630.jpg
しろちゃん改め…しあわせへのステップ♪_c0167175_23284932.jpg
しろちゃん改め…しあわせへのステップ♪_c0167175_23292662.jpg
しろちゃん改め…しあわせへのステップ♪_c0167175_2330566.jpg
しろちゃん改め…しあわせへのステップ♪_c0167175_23302536.jpg
しろちゃん改め…しあわせへのステップ♪_c0167175_23304117.jpg

タグ:
by cjl82810 | 2009-06-21 23:31 | 保護活動より

見えない糸心つなぐ

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

見えない糸心つなぐ_c0167175_23462718.jpg
中日新聞より…
チョッと感動したお話です…



「元気か」。優しく語りかけながら、目を閉じた男性がサラブレッドの鼻をなで、首筋をたたく。馬は気にするでもなく、悠々と草を食べ続ける。

青森県十和田市にある県立三本木農業高校牧場。馬術部顧問の藤森亮二さんは、目の前の光景を信じられない思いで見ていた。五月半ばのことだ。

馬は、中京競馬場などでも走った元競争馬で、引退後、馬術競技で活躍した牝馬タカラコスモス。25歳。人間なら、おばあさんの年だ。男性は、京都市から訪れた山下泰三さん。馬も山下さんも目が見えない。

「コスモ」と呼ばれる牝馬は、11年前に失明し、処分されるところを同校が引き取った。知人を通じてその話を知り、自らの人生と重ね合わせていた山下さんは昨年、牧場に足を運び初めて対面。さらに本格的にふれあいたいと、この日、青森を訪れた機会に足を延ばしたのだった。

盲目の馬は警戒心が強い。妻の美恵子さんに導かれてコスモに近づく山下さんの身を藤森さんは案じた。急に動いて押し倒されるかもしれない…

ところが、コスモは「ぶつからないよう、脚を踏まないよう、気づかっていた」(藤森さん)。馬術部員でも馴れるのに一年かかる。そんなコスモが、山下さんには警戒心を解いていた。

ふれあいは30分以上、続いた。コスモが厩舎に戻った後も、足元に座り込んで話した。「普通なら怖いけど、なぜか信頼できる気がして」と山下さん。「見えない同士、通じあったのかな」

網膜の病気を煩い、54歳で失明した山下さんは、それから乗馬を始めた。障害者や不登校の子供に馬の魅力を伝えようと、京都で「身体障害者 馬とのふれ愛倶楽部」を主宰する。

馬を通じて、人と人とのつながり、生きることの大切さを伝えていきたいと思う。「みんな支え合って生きているから」。一頭の馬との出会いに、気持ちを新たにした。



…コスモも山下さんも、きっと、心の目で見たり、感じたりすることができるんでしょうね…
by cjl82810 | 2009-06-20 23:46 | 思い

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

ミニチュアダックス、スムース、レッド♂五才くらい?去勢済み。

鳴き声がうるさいと近所から苦情が…もうこれ以上飼えない、と飼い主自ら保健所へ持ち込みました。
処分寸前のところ、やさしくご理解ある預かりさんが見つかりました。

預かりさんによると…
餌を食べている時にさわっても噛みません。
くちをさわって歯を見ても噛みません。
でも、抱っこは好きではないようです。
脇のあたりをさわるとガブガブきます。
本噛みではありません。

あと、右前足が変形しています。
たぶん、骨折してそのままくっついてしまったのでは…
歩行に支障はありません。


このあたりをご理解してくださる方からの連絡をお待ちしています。
犬を飼うのが初めての方、小さなお子さんがいらっしゃる方はご遠慮させていただきます。
ダックスは岐阜県内にいます。



犬も猫も日々生きています。
年齢にもよりますが、これから先、十数年のつきあいになる場合もあります。
その間、餌も食べるし、排泄もします。
時には病気になるかもしれません。そんな時はそれなりに医療費がかかります。

それらを踏まえた上で、彼らのことを責任持って生涯飼育してくださる、やさしく理解ある方からの連絡をお待ちしています。


命の責任を持つということは、それなりの苦労と労力を伴います。しかし、その命に癒され、多くのことを教えてもらったりもするのです…


きっとあります!
あなたの理解とやさしさで救うことができる、小さくても尊い命が…
タグ:
by cjl82810 | 2009-06-17 23:44 | 急!里親募集

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

市内をさまよい、捕獲されて保健所に収容され、期限切れで処分寸前だった白い大柄な雑種犬♂…
紀州ミックスだと思われます。

甘えん坊の、ほんとうに可愛い子なので、なんとか助けてあげたかった…

その願いが通じたのか、春を感じさせる三月のある日、ある方のブログがきっかけで、とても素敵な里親様に巡り会うことができました。
亡くされた愛犬の紀州ミックスにそっくりで、運命を感じられたそうです…
ご家族そろって遠路はるばる、車で五時間かけて保健所まで迎えに来てくださいました。

紀州ミックスくんは「ポポ」と名付けられました。

先日届いた、ポポちゃんのしあわせ便りです…


☆☆☆☆☆☆☆☆


ポポの近況です♪
1才になった姪っ子とポポです。

ポポはビーグルより子守りが上手です!
ホントに優しい子です(^^)
ほのぼのした写真を送りまぁす♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ほのぼのとした写真、ありがとうございました(^o^)

たいへん、たいへん、癒されました…

ポポちゃん、なんてやさしい、よい子なんでしょう。

これも、ポポちゃんを可愛がってくださる、ご家族の愛情の賜物なんでしょうね…

あの時、ポポちゃんの命を救っていただき、本当にありがとうございました。

保健所からの子たちがしあわせになってる姿を見ることは、喜びでもあります♪

本当に、本当に嬉しい…


保健所職員さんにもお伝えしておきました。

ポポちゃんのこと、これからも変わることなく、愛してあげてくださいね~

ポポちゃん、しあわせ便り♪_c0167175_22154152.jpg
ポポちゃん、しあわせ便り♪_c0167175_22162474.jpg
ポポちゃん、しあわせ便り♪_c0167175_22165178.jpg

タグ:
by cjl82810 | 2009-06-12 22:16 | 保護活動より

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

五年ほど前、迷い犬として保健所に収容され、処分寸前のところを、新しい飼い主さんに引き取られていったフクちゃん。

その後、しあわせに暮らしてきましたが、飼い主さんの家庭の事情で、やむなく里親さんを探すことになりました。

なかなかよい話がなかったのですが、先日ある方から、フクちゃんに会ってみて、よい子だったらぜひ!引き取りたい、との連絡をいただきました。

そして、お見合いの日程を決める手はずになっていた矢先、早朝に届いた飼い主さんからのメール…

フクちゃんが突然亡くなったそうです…

あまりの驚きに、言葉も出ませんでした…

夕方、いつも通り娘さんと散歩に出かけ、いつも通り餌を食べ、犬小屋でくつろいでいたそうです。
その後、突然発作のようなものが始まり、泡を吹いたり、痙攣したり…

飼い主さんはフクちゃんのそばにずっとついていたそうですが、夜中の2時過ぎに天に召されていったそうです…

きっと、フクちゃんは今の飼い主さんご家族と、ずーっといっしょにいたかったんだと思います。


迷っていてお迎えに来てもらえず、一度は人間に裏切られ、そして同じく人間のやさしさに助けられ…
その後、またもや悲しいお別れが…
そのお別れをする前に、大好きな飼い主さんに見守られながら旅立っていったフクちゃん…

フクちゃん、あなたはしあわすだったよね?
そう信じたいです。


安らかに…
フクちゃんがお星様になりました…_c0167175_154955100.jpg

タグ:
by cjl82810 | 2009-06-04 15:50 | 保護活動より

保護してきた子猫たち

保護活動の中よりのメールを掲載いたします。

保護してきた子猫たち_c0167175_19271729.jpg
預かりさんが見つかり、七匹保護してきました。

茶白、キジ白、シャムミックス…

もらわれやすい色柄ばかり選びました。
親子猫からは、目が真ん丸なキジ白の子猫を一匹だけ…
「命を選ぶ」…
選ばれない子は明日の朝に処分…

どんな命も同じなのに…
同じように尊いのに…

つらいです…

選んだ子たちには、選ばれなかった子たちの分までしあわせになってほしい!
保護してきた子猫たち_c0167175_19274190.jpg

タグ:
by cjl82810 | 2009-06-02 19:28 | 保護活動より