何をするべきでしょうか?

私たちの団体は今年秋には、非営利活動法人として新たな出発をします。


動物愛護団体として、何をするべきか?


放置動物の保護はもちろんではありますが、それだけでは今日の現状を変えることは出来ません。


大震災で多くの動物たちが悲惨な現実にさらされています。


保健所や愛護センターには、相変わらず多くの動物たちが持ち込まれています。


多頭飼いの崩壊を招いて、大変厳しい現状に置かれている犬や猫たちがいます。


ブリーダーの無責任な繁殖で捨てられる犬たちもあとを絶ちません。


その他にも表に出ない悲惨な現実が無くなりません。


これらの犠牲動物たちを、全て助けることは不可能です。


では、どうすれば良いのでしょうか?


今、この時から無責任な繁殖をしないことです。


飼い犬や猫のいる方は、すぐに避妊去勢手術をしてください!


野良犬たちや野良猫たちにも、避妊去勢手術を施せる仕組みを早急に考えることです。


繁殖を徹底した監督の下でしか出来ないように、法律も変える必要があります。


早急に災害時の動物たちの処遇を盛り込んだ計画を立てることも必須であります。


彼らを物ではなく、命としての待遇改善が必要です。


現状の改革をせずには、この問題は無くなりません。


私たちのすべきは、現状の改革を目指した活動であると考えています。


命を大切に出来る社会を作るために、皆様のご意見、ご提案を頂ければありがたいです!


宜しくお願い致します。
[PR]
by cjl82810 | 2011-07-26 01:55 | Comments(0)

動物たちと人間の交流を通して、生命のことを考えてみるきっかけにしてほしいと願っています。放置された動物たちのレスキューにも参加しています。2011年9月1日NPO法人設立致しました!岐阜県中津川市で活動中


by NPO法人 命の応援隊
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31