思い

マンハッタンの外猫事情&弱い者に対してやさしくなれる心

Y隊員より・・

マンハッタンに住む友人から届いたメールを紹介します…


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


うちの近所、都会で混み合っていますが、結構な数の家が外猫を飼っています。最近はその顔ぶれを覚えました。
でも避妊去勢は常識だから、子猫は見かけた事がありません。
庭には犬がいるし、猫被害を受けた事もないです。
ロサンゼルスは温暖なので冬でも凍える程寒い事はないですし。
マイクロチップも普及しているし、ちゃんと管理されているようです。
でも、テレビのアニマルポリスなど観ていると、そうしない人もたくさんいるんですよね。
こういう言い方するとおこられそうですが、スラム街に住む人たちとか教育程度の低い人たちには、そのような責任意識が低い傾向があります。
アメリカは資本主義の国ですから、日本よりずっと貧富の差があります。
日本は一億総中流意識で、教育レベルも平均的に高いのに、おかしいですよね。
国が率先して国民を啓蒙して行く責任がありますよね。
政治家には先進国として恥ずかしいと感じてほしいです。
この地球、人間がいなかったら美しくて平和なんだろうなあと、つい思ってしまいます。


そうそう、もう一つ。
ついこないだまで、庭に夜遅くアライグマの親子が3匹でやって来て、芝生やせっかく植えた花を掘り返したり、汚れた手足のままプール(水たまりくらい、笑)で泳ぐので底に泥がたまったりして困ったなあと思って、いろんな人に相談したら「市のアニマルコントロールに連絡すると捕獲に来てくれるよ」と言われました。
でも私が連絡したばかりに殺されてしまうのはいやだったから、その都度「それで殺すの?」と聞いたら、全員が全員「殺さないで遠くへ連れて行って放すんだよ」と言いました。
それでも100%信用できないので「う~ん」と考えていたら、みんなニコニコ笑って「まあそのうちこなくなるよ」とか「夜中にうちの犬が吠えたらなんでだかわかるから、教えてくれてありがとう。」とか「また舞い戻ってくるかもね~」とか、みんなとても寛大なんですよね。
自分ちのペットだけではなく、弱い者(人間より強い者なんていない)にやさしくなれるよう、小さい時からの学校教育も必要ですよね。
動物を虐待するおとなの教育も必要だ!


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


なんだか、うらやましいお話ばかりで…

命に対して、やさしくない日本…

なんだか、悲しくなりました…




そして、こちらも彼女から届いたメールです。
以前も紹介しましたが…


彼女はガンジーの言葉が大好きだそうです…


………………………………………………………


『The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated:Mahatma Gandhi』


『その国家の偉大さと道徳心の向上は、その国の動物たちがどのように扱われているかを見る事によって評価する事ができる:マハトマ・ガンジー』



人間でさえ飢えている、日本よりずっと貧しい国のインドでさえ、ねずみにミルクを与え、牛を神様の使いとして大事にしている。



日本は、動物愛護後進国です。
世界有数の先進国を自負しているのに恥ずかしいです。


この言葉、ことあるごとに人に言っています。
大好きです。
[PR]
by cjl82810 | 2011-07-24 23:00 | 思い | Comments(0)

動物たちと人間の交流を通して、生命のことを考えてみるきっかけにしてほしいと願っています。放置された動物たちのレスキューにも参加しています。2011年9月1日NPO法人設立致しました!岐阜県中津川市で活動中


by NPO法人 命の応援隊
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31