思い

「ゼロ!」第2話を読んで…

Y隊員より・・
蒸し風呂のような、夏のセンター犬舎内…

喘ぐように横たわる収容犬をみて、せめて安眠をとらせてやりたいと、切に願う職員さん…

犬舎へのエアコンの取り付けを要望するのだが…

「どうせ、死ぬんだからムダだ」

と言われ、それに反論した職員さんの発言に感動!
涙が出た…

「どうせ死ぬんだからこそ!必要なんです!」

ほんとに、その通り。

飼い主さんのお迎えもなく、里親も見つからず、たとえ処分される命だとしても、その子は今、生きているのだ。

その命に対して、最期の時まで畏敬の念を持ち、快適に生きていくための、最低限のお世話をすることは…

「人としての道」ではないだろうか…

人間の都合で命を管理するのだから、その命に対しては、最期まで人間が責任もってお世話すべきだと思う。

そして…

センターの職員さんとて、だれも好き好んで処分などしてないのだ。

だれだって、できれば助けてやりたいと思っている。

彼らは、無責任な飼い主…

適切な繁殖制限を怠り、むやみに生ませる…
迷子になっても、真剣にさがさない…
引っ越しなどの自分の都合で、もう飼えないと安易にセンターへ持ち込む…

そんな無責任飼い主の、尻拭いをさせられているだけなのだ。

飼い主のモラルがもっともっと向上し、こと、猫の場合は、適切な繁殖制限をして極力、増やさないようにすれば、自ずと殺処分は減ってくるに違いない。

もし、犬や猫など、新しい家族を迎え入れたいと思っている人がいたなら、ぜひとも!近くの保健所、センターを訪れてほしい。

きっと!あります!
あなたのことを待っている、小さくても尊い命が…



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



「あなたを待っている、命があります…」


各保健所、センターでは、迷い犬情報をホームページで公開しています。

愛犬がいなくなったり、お知り合いの愛犬が行方不明になった時、保健所、警察へすぐに届けると同時に、アクセスして確認してみてください。

そして…
この迷い犬情報に載った段階で、悲しいかな、その犬たちには命の期限がつきます。

その期限内に飼い主さんのお迎えがない場合は処分の対象になってしまうのです。

犬を新しい家族に迎え入れようとお考えのみなさん、どうかそんな子たちにも目を向けてあげてください!
「この子なら…」
という子に巡りあった時にはぜひ!保健所へご一報ください。

猫を家族へ迎え入れたい方、もしくは迷い犬以外の犬の情報なども、保健所へご連絡ください。


きっとあります!
あなたの理解とやさしさで救うことができる小さくても尊い命が…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


犬も猫も日々生きています。
年齢にもよりますが、これから先、十数年のつきあいになる場合もあります。
その間、餌も食べるし、排泄もします。
時には病気になるかもしれません。
そんな時はそれなりに医療費がかかります。

それらを踏まえた上で、彼らのことを責任持って生涯飼育してくださる、やさしくご理解ある方、どうか彼らを家族へと迎え入れてあげてください。


命の責任を持つということは、それなりの苦労と労力を伴います。
しかし、その命に癒され、多くのことを教えてもらったりもするのです…
[PR]
by cjl82810 | 2011-07-10 15:53 | 思い | Comments(0)

動物たちと人間の交流を通して、生命のことを考えてみるきっかけにしてほしいと願っています。放置された動物たちのレスキューにも参加しています。2011年9月1日NPO法人設立致しました!岐阜県中津川市で活動中


by NPO法人 命の応援隊
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31