人気ブログランキング |

保護活動より

飼い主の責任…

保護活動の中でのメールを頂きましたので、掲載いたします。

12月24日イブの朝、ひとつの命がお星様になりました…

三年前の年末、一匹の迷い犬が収容されました。
飼い主のお迎えはなく、期限が迫ってきます。
おとなしくてよい子だったので、なんとか助けてあげたかった…

その願いが通じたのか、保健所の御用納ぎりぎりで、新しい飼い主さんに引き取られていきました。


どれくらいたった頃だったか…
飼い主さんから「けっこう吠えるし、引くちからも強くてなかなか大変」との連絡をもらいました。
保健所にいた頃はそんなことはなかったのですが…

でも、いったん引き取った以上は面倒みます、と飼い主さんは言ってくれました。私も大丈夫だと思っていました。

時は流れて、今年の12月に入ったある日、犬舎のお世話に行くと保健所職員さんから…


横着い飼い主がおってな…自宅の犬が逃げたらしい。これまでも何回か逃げたことがあって、警察のお世話になったこともあるとか。今回は、捕まえるのを手伝ってくれたお向かいさんを咬んだらしく、もうこんな犬はいらないから、保健所で捕まえて持っていって処分してほしいって…


と聞かされました。

何!それ!!

あまりにも勝手な飼い主の言い分に、私もあきれてしまいました。

で、その犬が何年か前に保健所からもらわれたこと、飼い主の所在地、名前をきいてびっくり!

三年前の年末にもらわれた犬でした。なぜか、その飼い主の名前は覚えていたんです。

その日の夜、飼い主に電話してみました。
そして、その後その犬が飼い主以外にはなつかない、他人には歯を剥き出して怒る犬になってしまったこと、興奮をおさえるために精神安定剤を頻繁に飲ませていたことを聞かされました。
保健所にいたころのおとなしいイメージからはとても想像がつきませんでした。いったい、何があったのでしょう…

とにかく、人様を咬む以上、もうこれ以上は飼えないので、なんとか捕まったら保健所へつれていく、と言われました。

その翌日、獣医さんへ我が家の愛犬の薬をもらいに行きました。ある人が連れてきた犬を見て、あれっ?と思いました。何がピンとくるものがあって…

予感的中!
三年前に保健所からもらわれていったあの犬でした。
咬まれた人から、狂犬病鑑定をしろと言われ、獣医さんへ連れてきたとのこと。

飼い主さんと話をしました。飼い主さんいわく、



なんで咬むのかわからない。散歩も充分にしてるし、ほったらかしにしてるわけではない。でも、飼い主以外には怒るし、自宅が通学路の近辺なので小学生に危害を加えるといけないし…


実際に一人の小学生を咬んでしまったらしいです。
まぁ、無防備に犬に手を出すのも問題ありだけど、それなら通りから離れた奥の方に犬をつなぐとか、柵の中に入れて飼うとか、いろいろな方法があるのでは…とアドバイスしました。

でもその後、保健所に飼い主さんから連絡があったそうです。


狂犬病鑑定がすんだら、保健所に持ち込まず、こちらで獣医さんへ連れていって安楽死させます。


…ということでした。
犬の生きる道は絶たれてしまいました…


その後は、その犬の顔が時として浮かんできて…
でも、多頭飼いの我が家で引き取るのはこれ以上とても無理だし、咬むとなれば人にはすすめられないし…


なんとなく胸騒ぎがして、イブの日に飼い主さんに電話をしました。
そしたら…



狂犬病鑑定もすんだので、今日の朝イチで、獣医さんで安楽死させました。
火葬場へも連れていきました。
前の犬は18年飼い、寿命を全うさせました。
今回の犬も寿命を全うさせてやりたかった。
人さえ咬まなかったら、最後まで飼ったと思います。
咬まれた人からは、咬む犬はダメだと言われ、咬まれた小学生の親には「犬を処分しますから」と言って納得してもらいました。
なんとか飼ってやりたかったけど、ご近所の手前、処分するしかなかった。
いろいろお世話になったけれど、申し訳ありませんでした…


こう言われて、私は返す言葉がありませんでした。


最期が保健所での処分ではなくて、獣医さんでの本来の意味の安楽死だったことは、あの犬にとってはしあわせだったのでしょうか…

致死量の睡眠薬で、最期は眠るように逝ったそうです…


でも、あの犬の気持ちを考えれば、あの子は生きたい、生きていたかったはず…
飼い主の責任、咬まれた人の言い分、犬の気持ち…
いろいろ考えさせられました。

あんなにおとなしかった子が、なぜ咬みつく犬になってしまったのか、その辺りはわかりません。
飼い主さんはできる限りのことをしてきたそうだし…


君のことを、結局はしあわせにしてあげることができなかった…
ごめんね…
安らかに…
by cjl82810 | 2008-12-27 16:14 | 保護活動より | Comments(0)

動物たちと人間の交流を通して、生命のことを考えてみるきっかけにしてほしいと願っています。放置された動物たちのレスキューにも参加しています。2011年9月1日NPO法人設立致しました!岐阜県中津川市で活動中


by NPO法人 命の応援隊
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31