災害

「動物たちの恐ろしい夢」…その原因をつくったのは人間

Y隊員より・・

「早川日記」さんより転載です。


…………………………………………………………

朝、中日新聞を読んでいたら、『中日春秋』に書いてありました。




福島県相馬市にある神社の前で一頭の馬が飼われている。

震災から三週間後、隣の南相馬市で保護された推定八歳のオス。

名前も飼主も分からない。


すぐ近くで被災者に焼きたてのパンを配っている店の人気商品の名と、再び太陽が昇る再生への希望を込めて付けられた名は

『サンライズ』


千年の歴史を有する伝統行事「相馬野馬追」の地らしいエピソードだ。

野馬追に参加する馬が飼育されている相馬地区では、生き残った馬を近くの牧場に移すなど、救済の動きが広がっている。


救いの手が差し伸べられている馬たちは幸せだ。


福島第一原発の事故で、計画的避難区域に指定された飯舘村などで昨日、住民の避難が始まった。


飼っている乳牛を食肉として処分することを決めた農家もある。


家族同然に暮らしてきた家畜との別れが迫っている。


原発から半径20キロ圏内の警戒区域で生き延びている牛や豚などにも、悲しい運命が待つ。


政府は農家の同意を得たうえで安楽死させるよう福島県知事に指示。


今週にも獣医師が区域内に入り処分を始めるという。


詩人の川崎洋さんに

「動物たちの恐ろしい夢」という詩がある。


犬も/馬も/夢をみるらしい/恐ろしい夢のなかに人間がいませんように


動物たちが怖い夢を見るならば、その原因をつくったのは人間であることは間違いない。


……………………………………………………………… (転載以上)

餓死していった動物たちは、恐ろしい夢をいっぱいみたと思う。


その夢の中には、国民の思いを無視して、動物たちを餓死させた政府の連中が出てきたろうに…


こんなことが許されるはずがない!!


因果応報…


政府の連中が、恐ろしい夢をいっぱいみますように!


その中に、苦しみ抜いて死んでいった動物たちが出てくるはず…
[PR]
by cjl82810 | 2011-05-17 00:03 | 災害 | Comments(0)

動物たちと人間の交流を通して、生命のことを考えてみるきっかけにしてほしいと願っています。放置された動物たちのレスキューにも参加しています。2011年9月1日NPO法人設立致しました!岐阜県中津川市で活動中


by cjl82810
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31